水素水のパックの重要性について

水素水の利用を考える場合には、パックはどんな形状であるか、といったことが重要になるのはご存知でしょうか。実は、水に含まれている水素にパックが一定の影響を与えてしまうことがわかっているのです。

 

水素水のパックには、

 

・ペットボトル
・アルミ缶
・アルミパウチ

 

などが利用されています。

 

こちらでは、それらの中でどのパックが最も水素水に適しているのか、といったことをお話させてもらいますね。水素水の購入を考えている方には、特に重要なテーマです。

 

 

水素水のパックとして最もおすすめなのは「アルミパウチ」

 

・なぜアルミパウチがおすすめなのか?

 

水素を排出しにくいとされているからです。そもそも、水素は自らなくなってしまいやすい性質を持っています。そもそも、水素の分子は宇宙一小さいとされています。完璧に密封されている陽気でなければ、簡単になくなってしまうのです。

 

さらに、空気に触れにくいパックであることも重要です。水素は空気に触れてしまうことで水になってしまう、といった特性を持っているのです。水に触れてしまいやすい容器に入れていると、せっかくの水素も飲む時にはなくなっています。

 

アルミパウチの特徴は、密閉度が高い、といったものがあります。空気にも触れにくい形状となっており、水の中に水素を貯めこんだ状態で保存できるわけです。製造段階で含ませた水素を、ほぼそのままの形で我々は飲むことが出来るようにしてくれる容器といえます。

 

 

水素水のパックとしてふさわしくない容器とは?

 

・ペットボトルの水素水はダメ!

 

実際に多くの水素水がペットボトルで販売されているわけですが、そもそも飲み口の部分で水が空気に触れてしまっていますよね。そちらから水素がどんどんとなくなってしまっているのです。

 

ペットボトルタイプの水素水については、時間が経つにつれ、どんどんと水素が減っています。結果的に、単なる水を飲んでいるのと同じことになりかねないわけです。

 

・アルミパウチにも注意せよ

 

アルミパウチの水素水がおすすめですが、実は飲み口が付いているタイプはおすすめではありません。飲み口の部分で少し空気に触れてしまっているのです。ペットボトルよりはマシですが、やはり水素が減ってしまいやすいので、飲み口がついていないアルミパウチのものを選択してください。