水素水の効果的な飲み方とは

水素水ですが、あまりに高い、といったことはありませんがタダでもないわけです。経済的な負担は少なからずあるので、より効果的に飲む方法を考えることも大切ですよ。

 

こちらでは水素水のおすすめの飲み方をお教えします。これから水素水の利用を始めようと思っている方、何も考えずに飲んでしまっている方は必見です。

 

 

水素水はいつ飲むべきか?

 

・活性酸素が発生した時

 

水素水を飲む目的は、体に発生した活性酸素を抑えることです。ですから、活性酸素が発生した時に飲むようにすれば、より効率的な水素水の利用ができることになります。

 

問題になってくるのが、いつ活性酸素が発生するのか、といったことですよね。

 

『活性酸素が発生しやすい時期』
・タバコを吸った時
・お酒を飲んでいる時
・空気が良くないところへ行った時
・寝不足の状態になってしまった時
・ストレスを感じてしまった時
・強い紫外線を浴びてしまった時
・ハードな運動をした時

 

上記のタイミングに合わせて、水素水を積極的に体内に取り込むのがおすすめです。たとえば、運動をした後に水素水を飲むことで、体内に発生した活性酸素が還元されやすくなるわけです。

 

寝不足で疲れが取れない、と感じている時も活性酸素が発生している証拠です。そんな時には、水素水を積極的に取り入れてくださいね。

 

 

朝と夜、どちらに水素水を飲むべきか?

 

水素水は日常的に、1日あたり複数回利用すべきですが、朝と夜のどちらかだけ飲む、といった場合はどちらを選択すればよいのでしょうか。

 

・夜に飲むのがおすすめ

 

お風呂あがりに飲むのもおすすめです。水分が汗で排出されているので、水の吸収率がアップします。水素を体に取り込みやすい状態になっているわけです。

 

寝る前の摂取もおすすめです。寝ている間はどうしても水分がカラカラ減っているわけですが、寝る前に水素水を摂取しておけば、質の良い水分が体内にある状態を作り出せるわけです。

 

 

水素水は大量に飲んでも平気なの?

 

・過剰摂取のリスクは少ない

 

水の大量摂取は良くありません。水中毒といった言葉もあるように、身体の塩分濃度を引き下げて、大きな問題を引き起こしかねません。

 

一方で、水素自体には大きなデメリットはありません。過剰摂取したとしても、基本的には体外に排出されるだけですよ。水素水には危険性はない、と判断して間違いありません。