水素水の副作用|危険性はあるのか?

水素水は健康に寄与してくれる水であることは多くの方が知っています。ただ、継続利用していかなければ、水素の効能を得続けることは出来ません。

 

長期利用を考えるとなると、やはり気になってしまうのが副作用です。水素定期的に摂取していくことで何らかの問題が発生してしまうのではないか、といったことを考えてしまいますよね。

 

こちらでは水素水を飲むことで副作用が起こってしまうことはあるのか、といったことを詳しくお話します。水素水の安全性を知りたい方は必見です。

 

 

水素に強い危険性はない!

 

・厚生労働省でも認可されているのが水素

 

水素を摂取しても問題はない、と公的機関からお墨付きを得ているわけです。基本的に副作用が発生することはない、と思ってもらって間違いありません。

 

水素を毎日水で摂取することになるので、過剰摂取になってしまうのではないか、といった心配をする方も少なくありません。

 

水素ですが、必要以上に摂取しても問題はないのです。不必要であった水素は、呼吸と一緒に体外に排出されます。体外にいらないものは尿などで排出されるビタミンCと似たような感じですね。

 

要は、水素は体に蓄積をされないのです。蓄積されないからこそ、大量摂取をしたからといって中毒症状を引き起こしてしまうことはありません。

 

 

唯一の副作用報告!?〜軟便について〜

 

・おかながゆるくなった、との報告あり

 

非常に稀なケースですが、水素水を利用してみたところお腹の状態が少し悪くなった、といった報告があるのも確かです。

 

ただ、水素が軟便に関わっているわけではない、といった指摘もあります。すべての銘柄ではありませんが、一部の水素水にはサルフェートと呼ばれている成分が含まれているケースが有るのです。

 

サルフェートには、ミネラル分がたくさん含まれています。そのミネラルが腸などを刺激して便の排出スピードを早くする事があります。便秘解消のために用いられることのある成分でもあるんですよ。

 

確かに水素水を飲むことで軟便の副作用報告があるわけですが、水素自体に問題ではないと考えられます。基本的に副作用はない、と判断できるわけです。