水素水の効果〜アンチエイジング機能(認知症など)〜

社会的な問題になっているのが認知症です。脳などに問題が起こってしまい、結果的に「ボケ」と呼ばれる症状が出てしまいます。

 

認知症については、研究が進みメカニズムが分かり始めました。様々な対抗策が指摘されているのですが、その一つが水素水の摂取なのです。

 

こちらでは水素水がなぜ認知症に効果を発揮してくれるのか、といったことを中心にお話します。

 

 

水素水と脳のアンチエイジングの関係性

 

・水素は脳のアンチエイジングを可能にできる成分

 

ポリフェノールなど、様々な抗酸化物質と呼ばれるものがあります。抗酸化物質は、身体の酸化を抑える機能があるので老化を防止する作用があります。しかし、そのほとんどが脳内まで影響が与えられないことがわかっているのです。

 

水素に関しては、脳の中まで影響が与えられる数少ない抗酸化物質の一つです。血液から脳関門と呼ばれるところを通過して脳に水素が至るわけですが、水素が脳に届くことで、脳の活性酸素が除去され記憶力などの機能が改善すると考えられています。

 

脳も酸化にさらされると、機能が弱り始めてしまいます。若い場合であったとしても、若年性認知症と呼ばれるものがあるほどです。若いからまだ認知症の心配はしなくて良い、とはいえません。

 

一説には、認知症は遺伝性のものでもあるとされています。アナタがなりやすい遺伝子を持っているかもしれません。親族に認知症の方がいれば、対策に力を入れるべきです。

 

 

水素水と記憶力実験

 

・動物実験ではすでに成果あり!

 

水素水を飲ませたマウスと飲ませなかったマウスで、記憶力に関する実験がおこわれています。その結果、水素水を定期的に飲ませていたマウスの記憶力が飲まなかったマウスに比べて高いことがわかっているのです。

 

同じ環境で飼育しているにもかかわらず、飲み物を変えただけで変化が現れたとのことで大きな注目を集めました。

 

実験を行った日本医大の研究チームは、「水素水がマウスの脳に生じた活性酸素を取り除いた結果、記憶力が向上した」といった結論を出しています。水素水の脳に対する効果が認められたわけです。

 

 

試験・資格勉強にも活かそう!

 

社会人になってからでも覚えなければならないことはたくさんあります。資格試験の勉強をしている方も多いです。

 

効率的に勉強をするために、水素水を利用する、といったこともおすすめです。記憶力が向上すれば、勉強の結果も出やすくなります。

 

脳のアンチエイジングは、認知症の予防だけでなく一般生活にも大いに役立つことなのです。