水素水の効果〜高血圧改善機能〜

高血圧は健康に大きな影響を与えてしまうもので、しっかりと対処しておかなければなりません。いまは良くても、将来的にはあなたの命を奪ってしまうかもしれません。

 

高血圧の対処法の一つに水素水を摂取する、といった方法があります。単に飲むだけ、といった対策方法なのですが、高血圧に対してどのような効果を与えてくれるのでしょうか。

 

最高血圧が140以上、最低血圧が90以上ある、といった方には必見のテーマです。

 

 

水素水が高血圧改善に役立つ理由とは?

 

・活性酸素の蓄積が高血圧の原因になる!

 

水素水の機能には、活性酸素の量を減らす、といったものがあります。活性酸素は老化現象を引き起こしてしまうなど、様々なデメリットを有しています。もちろん、高血圧の原因にもなってしまうのです。

 

高血圧の原因の一つに、生活習慣の乱れがあります。生活習慣が乱れると、活性酸素が増加してしまいます。その活性酸素が体内で不飽和脂肪酸と結合してしまうのが、血圧に影響を与える原因なのです。活性酸素と不飽和脂肪酸が結合してしまうと、過酸化脂質といったものが生まれてしまいます。

 

過酸化脂質は血管の内部にこびりつきやすい、といった特徴を持っています。いわゆる、動脈硬化を起こしてしまう物質なのです。この結果、血管がすぼまってしまうような状況を作り出してしまい、高血圧が発症します。

 

『高血圧になるメカニズム』
・生活習慣(食生活の乱れ)

・体内の活性酸素が増加してしまう

・活性酸素が不飽和脂肪酸と結びつく

・過酸化脂質が生み出される

・過酸化脂質が血管内部に張り付いて血液の流れを阻害する

・高血圧の発生

 

活性酸素を抑える効果があるのが水素水です。水素水を摂取することで過酸化脂質の原料の一つである活性酸素を抑えこむことが出来るわけです。活性酸素が少なければ不飽和脂肪酸と結びつく量も少なくなります。過酸化脂質の発生量も少なくなり、高血圧を防ぐことにもつながります。

 

 

すでに高血圧である方にも水素水は効果があるのか?

 

・軽い高血圧であれば対処可能

 

たとえば、最高血圧が140台程度であれば、軽い高血圧の部類に入ります。まだ高血圧の薬を飲む必要はありません。その状態の時であれば、水素水だけでもある程度改善効果を果たしてくれます。それ以上高血圧の悪化を防ぐ、といった予防効果も期待できるわけです。

 

最高血圧が160などかなり高い場合には、医療機関での治療を受けることが前提となります。治療を受けつつも、水素水の接種は積極的に行って問題ありません。血管を綺麗にすることができれば、治療もより前進させられるものです。